旦那には内緒です。

乙女ゲーム好きな34歳主婦のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ロミオ&ジュリエット 感想。  

やっと「ロミオ&ジュリエット」フルコンプしました~!!
2週間で1作品コンプできる!!って思ってたのに、
約3週間かかってしまいましたwww
何がいけなかったのかわかりませんが思うようにテンポが上がらず、
最後の方なんて「次はどのゲームしようかな?」と
次にプレイする作品をエサにして進めてました( ̄▽ ̄;)
トータルプレイ時間は20時間30分
BLACK CODEが23時間だったから、
もっと早くフルコンプできてても良かったのに。。。

ロミジュリ続編プレイ中に今後のプレイ予定を考えてみたのですが、
トリキス→魔女王→リヴァD→百物語
Vita→PSP→Vita→PSP
オトメイト→ロゼ→オトメイト→ロゼ
の順にしようかな?と思っています!!
2作品続けてロゼ作品をプレイしていてちょっと飽きてきたし、
せっかくだからVitaソフトもプレイしてみたいし。
いまのプレイ速度だと、
この予定のどこかにカレイドイヴうたプリASASも入ってくると思うのですが…
その時になったらまた考え直そうwww

ここからは「ロミオ&ジュリエット」の感想を。
ネタバレありなのでご注意ください。




私のプレイ順は
ロレンス→パリス→エスカラス→ベンヴォーリオ
      →ロミオ→マキューシオ→ティボルト→ウィリアム です。
前作で最萌えだったマキューシオを後半に残し、
前作では攻略できなかったティボルトとウィリアムで締める作戦。

今作は公式HPに
「前作の攻略キャラクターとは恋人あるいは一歩手前の状態からのスタート。
 正規の攻略キャラクターではなかったティボルトやシェイクスピアを選び、
 恋人となることも可能です。」
と記載があったのですが・・・
前作の攻略キャラクターは
全員恋人一歩手前状態からのスタートだったんですけど!?

私はプレイ前の予想で、
私の最萌えであるマキューシオは恋人からのスタートではないだろうけど、
それならマキューシオとペア?対?になってるロミオは
恋人からのスタートかな~?と楽しみにしていたので
ショックというか・・・ビックリしましたwwwww
大公という職にあるエスカラスも恋人からかな?と予想していたんですけどね( ̄▽ ̄;)
ちなみに!ティボルトやウィリアムと恋人になることは可能でしたよ!!



ロレンス=グロブス(CV:羽多野渉さん)
ロレンスは前作でも姉がらみの過去の出来事がキーポイントだったのですが、
今作でも同じネタバラシを聞いている気分になりました。
と言っても、私は前作の内容をすっかり忘れていたので、
あぁそういえばそうだったなぁ!と、思い出す良いきっかけになりましたけどねww
ロゼさんってCERO:Dでエロいイメージがあるんですが…
ロレンスはベッドシーンっぽいスチルで
上半身裸+パンツも履いてないんじゃ!?と見えるものがあって
ワーオ!!ってなりました∵ゞ(´ε`●)ブハッ
しかもさすが羽多野さん!!
キスが非常にエロくて、悶えさせていただきました(*/□\*)


パリス=ヴェロナ(CV:木村良平さん)
パリスといえば、
主人公に婚約を破棄された、
二重人格並に仮面をかぶっている男なイメージなんですが(笑)
今作でもそんな感じでした~www
パリスの性格が歪んだのにも理由があったのですが、
こちらはハッキリとは語られていなかったです。
前作ではちゃんと話していたと思うのですが…
私はイマイチ覚えていなくて∵ゞ(´ε`●)ブハッ
なのでパリスがこうなった原因が気になって気になって、
ストーリー展開どころじゃなかったですwwww
こういう時にネタバレ控えめな感想を書いていると
読み返しても全然内容が分からないので役に立たないな~と思います( ̄▽ ̄;)
というか、私がちゃんと覚えてたら良かっただけなんですけどねwww


エスカラス=ヴェロナ(CV:井上和彦さん)
今作でも謎解き要素があったのですが、
エスカラスが真相ルートにあたると思います。
前作から疑問に思っていた点もエスカラスルートでハッキリしました!
エスカラスルートでは大公が独身では世間体が…というような話から
主人公が表向きは婚約者になるんですが、
(実際には婚約したわけではなく、フリです)
この展開がちょっと強引だな~と思いました( ̄▽ ̄;)
あとベストエンドが3種もあってビックリしましたwww
エスカラスは相変わらず抜けててドジで天然でしたが…
やはり私の好きなタイプではありませんでした!!


ベンヴォーリオ=モンタギュー(CV:子安武人さん)
ベンヴォーリオルートは特に大きな事件やイベントもなく
淡々と進んでいった印象です。
前作で語られたベンヴォーリオのネタバレはこちらでも語られていたので、
そういえばそうだったな~!と思い出しながらプレイしました。
ベンヴォーリオは恋愛面において相変わらずウダウダ?面倒くさい人でしたwww


ロミオ=モンタギュー(CV:櫻井孝宏さん)
ロミオは主人公が他のキャラと仲良く話していると
無意識に嫉妬してイライラ→主人公にキスという展開があり、
告白より先にキスをしていた印象ですwww
やっと告白をしてくれても、主人公はとあるイベントが終わるまで返事を保留に…。
もうロミオの事が好きだって気づいているのに引っ張られてイライラしましたww
ロミオのベストエンドでは
ヴァンパイアと人間だからこその最期が描かれていて良かったです。


マキューシオ=エテルナ(CV:遊佐浩二さん)
前作では最初は怖くて人間の常識が通じなくて、
コイツと恋愛なんて無理や・・・と思ったんですが(笑)
今作では最初から友人?として好意を持ってくれていて
粛清好きな部分もマイルドになっていたのでとっつきやすかったですww
マキューシオは弟妹といるときはお兄さんの顔になったり、
主人公がロミオよりマキューシオを選ぶと言うと
ご主人様と犬のように慕いつきまとってきたり(笑)、
主人公にだけ不安定で脆い部分を見せてくれたり、
恋人になると意外と独占欲が強かったり。
やはり今回もとにかく可愛くてニヤニヤしました(*´艸`)
そしてヴァンパイアキャラで唯一吸血シーンがあったのも良かったです!


ティボルト=キャピュレット(CV:細谷佳正さん)
主人公の従兄弟で弟のような存在。
主人公の事を「姉さん」と呼ぶのですが…このほそやんボイスが素敵でしたww
ティボルトは主人公への好意が隠せてなくてダダ漏れなんですが、
主人公だけがそれに気づいていなかったり、
好意に気づいても、冗談よね?とあえて考えないようにしたり。
鈍感で無神経すぎてイラッとしました( ̄▽ ̄;)
ティボルトとは結ばれないエンドもあってちょっと切なかったです。


ウィリアム=シェイクスピア(CV:小野友樹さん)
ウィリアムとは感染症の特効薬を作る事を通じて距離が縮まっていくのですが、
主人公が領主の仕事そっちのけでウィリアムの元に通い詰めているのがう~んと思ってしまいました。
他キャラルートでは領主としての仕事を大切にしたいと言っていたので。
ウィリアムとの恋愛は私には難しかったですwww
なかなか好きだと言ってくれないし、
ウィリアムの言葉は難しくて
主人公による解釈がなければ私はダマされまくっていたと思いますwww



全キャラプレイして好きなのは
マキューシオ>ティボルト>ロミオ>>パリス>ロレンス>ウィリアム
            >>(越えられない壁)>>ベンヴォーリオ>エスカラス
やはりエスカラス・ベンヴォーリオは恋愛対象としては見れなかったです( ̄▽ ̄;)

今作にはおまけで「愛の劇場」というショートストーリーが付いていたのですが、
これのパリスの「オペラ座の怪人」がとても面白かったです(*´ω`*)

category: ロミオVSジュリエット/ロミオ&ジュリエット

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

素敵なブロガーさんです

ブロともさん↓

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

本棚(主にBL)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。