旦那には内緒です。

乙女ゲーム好きな34歳主婦のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黎明ルートもクリアしました。  

「unENDing Bloody Call」黎明ルートもクリアしました(*^_^*)
共通ルートをプレイして1番好きなキャラが黎明だったので、
サクサク・楽しく進めることが出来ました♪
(相変わらずフリーズにはイライラしますけど 笑)

さっそく黎明ルートの感想を。
私が黎明好きなので
良い事ばっかり書いてるような気がしなくもないです(笑)
ネタバレありなので、ご注意ください。


黎明は真っ直ぐで融通が利かないけど、
自分がしたいこと=フライコールを守ることと
目的がハッキリしているので好きです。
(まぁこの目的は裏事情(?)みたいなものがあるんですけど)
それなのに前半から照れ顔が見れたり、
料理のことになるとウザかったり(笑)で、
とっても可愛い一面もありますwww

共通ルートでNEDEメンバーが学校に襲撃した際に
司狼に「逃げろ!」と怒鳴られたにも関わらず
主人公はその場に留まり、
結局斬られそうになった主人公を庇うかたちで黎明が斬られてしまいます。
黎明好きな私は、なんで逃げないんだよ!と早くも主人公にイライラ(笑)
でも…この怪我の手当イベントの上半身裸の黎明に萌えたので、
イライラが治まりましたwww

その後、主人公・黎明・司狼はNEDEに乗り込むんですが…
ジンに勝てないとあきらめかけたときにエン=ソフによって助けられます。
私は他キャラルートで
エン=ソフがNEDE側の黒幕であるのを見てしまっていたので、
エン=ソフが何をたくらんでいるのか分からず、怖かったです(;>_<;)
涙ながらに「ジンを倒して!」って言われても…嘘くさすぎて逆に引きました(苦)

この時に今度は黎明を庇って主人公が怪我をしてしまいます。
主人公が怪我したのを見て黎明は
「主人公がいても足手まといにしかならない」と言い、
フライコールから主人公を追い出してしまいます。

行くあてもない主人公は街をさまよい、秀真機関の凛に保護(?)され、
凛に「好きだから黎明のそばにいたんじゃないのか?」みたいなことを言われ、
黎明のことが好きだから、追い出されてショックだったんだ…と気づきます。
どうしたら黎明と共にいられるか…考えた末に、
主人公は弓の武骸を彫ってもらいます。

武骸を手に入れた主人公は再びフライコールの黎明の元を訪れ、
黎明が好きだから守られるだけじゃなく一緒に戦い、黎明を守りたいと告げ、
黎明も主人公を受け入れ、一緒にNEDEに乗り込むことに。

この時、黎明が主人公を遠ざけたのは、
フライコールの元ボス(主人公の父親)が死んでしまったこともあり、
自分が心を許した人が自分の前から姿を消すのが耐えられなかったから。
本当はフライコールを存続させるためではなく、
自分の心にできた主人公の父親がいなくなった穴を埋めるために
主人公の存在が必要だった。
すべては自分のため、自分の我儘だったと告白してくれます。
黎明にとって主人公の父親はNEDEから連れ出してくれた人であり、
唯一自分の進むべき道を照らしてくれる光のような存在で。
光を失った黎明は、今度は娘である主人公にその役割を担ってほしかったんですね。
これで「どうしてこれほどまでに主人公をボスにしたがるのか」
やっとわかりました。
そしてフライコールは黎明にとって、
主人公の父親が示してくれた自分が進むべき道だったのかな?と思いました。

2度目にNEDEに乗り込むと
黎明と主人公はエン=ソフの演技に見事に乗せられ、
エン=ソフのたくらみを阻止しようとしていたジンを倒してしまいます。
でも力つきる寸前にジンが古代遺跡の球体を壊してくれて、
NEDEは崩壊します。
ここまで、この古代遺跡の球体=船の役割で、
船を動かす鍵が主人公(または黎明)という所まではなんとなく分かりました。

ハッピーエンドでは主人公がフライコールのトップに就任する式典で終わります。
この後のアフターストーリーの黎明がじれったすぎてイライラ(笑)
ただその分、理性を外した黎明に萌えました(*>ω<*)

category: unENDing Bloody Call

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

素敵なブロガーさんです

ブロともさん↓

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

本棚(主にBL)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。