旦那には内緒です。

乙女ゲーム好きな34歳主婦のブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ガーネット・クレイドル」終わりました!  

23日に到着しなかった「猛獣使いと王子様FD」と「12時の鐘とシンデレラ」ですが、
昨日24日に無事に受け取れました(*´∇`*)
↓かなり手ブレしてますが(>_<")
猛獣使いFD

実は2月23・24日は私たち夫婦にとって大切な記念日なんです。
なので23日から旦那の機嫌が良かったので、
それとな~く何度か「明日ゲームが届くんだ♪」と言ってアピールし、
24日も朝から「ゲームいつ届くかな~」とささやき、
ゲームは今日届くんだと認識させました(笑)
そしていつもはお昼すぎか夕方にしか来ない宅配便のお兄さんが、
きのうに限っては旦那が昼寝(朝寝?)している11時前に来てくれたんです(*^_^*)
旦那は寝てはいませんでしたが、自分の部屋で寝転がってゲームをしてたので、
私が部屋をのぞいて「ゲーム届いたよ」と報告しても起き上がって見に来るようなことはなく、
「届いたんや~。」と言っただけでした!!
いや~、中身が見たい!とか言われなくて、本当に良かったです♪
来月も3本同じお店で予約していて(~_~;)
また気を使わなきゃいけなくなるのかなぁ…と思うと気が重いので、
どうしようかな~と考えていたりします(;>_<;)

もうすでに「猛獣使いFD」を始めてますが、
とりあえず「ガーネット・クレイドル」サーリヤの感想を書いておきたいと思います。
ネタバレありなので、ご注意ください。

サーリヤはミフターフの前国王と姫巫女の子供で、
いわば夢魔と人間のハーフでした。
序盤の共通ルートからそんなことを言われていたので、やっぱりねという感じでした。

滅びゆくミフターフを救うには、
姫巫女である主人公の命を犠牲にしなければならないのですが、
主人公に恋しているサーリヤにはそれが耐えられなくて。
主人公を現実に戻し、サーリヤはミフターフに残るのが悲恋エンド。
サーリヤルート1周目は、悲恋エンドしかたどり着けなくなっているのですが…
私は他キャラをクリアしていればハッピーエンドに行けると思っていたので、
急に終わってしまってビックリしました(*゜Q゜*)

2周目では、作品全体の謎解きも含まれてきました!
サーリヤは幼い頃は黒猫の姿だったけど、母親の力により人間の姿になれた。
(そのせいで母親は力尽き、ガーネットの中に閉じ込められてしまいますが)

黒猫だった頃に主人公の夢に住み、あまりにも居心地がよくて離れたくないと思い、
主人公をミフターフに連れてきたかったと思っていた。
(このことがあったので、主人公が姫巫女に選ばれたようです。
 理人ルートのときは、理人のせいで姫巫女に選ばれたって言ってたような…)

サーリヤだけ2周しないとハッピーエンドにたどり着けないだけあって、
丁寧に作られているような印象です☆

2周目も主人公だけを現実に戻そうとしますが、
今度は主人公が「好きだ」と告白し、お互いの想いが通じ合い、
サーリヤも2人で現実世界に戻るためにミフターフを壊すことを決意!
父親との直接対決を制し、
ミフターフが滅びゆく中で
サーリヤは主人公だけを現実に戻そうと最後の力を使い切り消えかけてしまうんですが、
主人公の強い想いによって現実世界に人間の姿で現れ、
主人公と再会する所でエンディングを迎えます(*´∇`*)

なんか…何書いてるかわからなくなってきましたが(苦)
とにかくハッピーエンドで良かったです(笑)
サーリヤは思いが通じるまで「二度と顔を見せるな!」とか、
結構ひどいことを言ってきたのであまり好きになれなかったんですが…
それにもサーリヤなりの考えがあったと知り、
いいヤツじゃないかー!と、ちょっと見直したりもしました(*v.v)

全キャラプレイし終わって好きなキャラは
西蓮寺理人>サーリヤ>白土楓>櫻沢輝一郎>勅使河原透矢
理人のちょっと意地悪な所が好きです(*´∇`*)

category: ガーネット・クレイドル

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nataro.blog8.fc2.com/tb.php/230-171decdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

素敵なブロガーさんです

ブロともさん↓

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

本棚(主にBL)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。